インプラント治療を受けた時の医療費控除について

インプラント治療は保険適用外(一部例外あり)のため、1本当たり30万円前後の施術費用がかかります。歯の消失箇所が多ければ、結構な金額となりますので、頭を悩ます人も多いのではないでしょうか?

ただしインプラント治療を受けた際に支払う費用は、医療費控除の対象となります。医療費控除は確定申告をすることで、控除の申請がおこえなえます。また来院するためにかかった交通費も該当しますので、忘れずに申告しておきましょう。また医療費控除をするためには「領収証」を申告の時に添付する必要があります。施術に対する領収証は歯科医院から渡されるはずですので、捨てないように気をつけましょう。

また交通費となるバスや電車の利用時には、領収証の発券が難しいかもしれません。その時は支出手帳を付け、明確な日時と料金をメモしておくといいです。

「インプラント治療を受けても医療費控除になるなら安心だ!」と思われた人も多いでしょうが、1点、注意しておくべきことがあります。それは請求額を分割払いしている時です。現金にて分割払いしているなら、「支払った金額」だけが、その年の控除対象額となります。年をまたいでしまったら、次の確定申告の対象となりますので気を付けてください。ちなみにクレジットカードによる分割払いなら、歯科医院側は全額を受け取っているため、請求額分全てが控除の対象になります。

ストレッチ包装機って素晴らしい。

今回は、国内販売代理店ナンバーワンの実績を誇る、日本梱包資材株式会社さんの会社概要とストレッチ包装機の魅力のご説明をしたいと思います。

日本梱包資材株式会社さんはストレッチ技術の先駆者として、年間およそ7000台販売という実績とともに、長尺対象向けの水平ストレッチ包装機および半自動包装機の分野で、頂点に君臨しました。
長年にわたり、自社製品の日本国内での利用環境に合った商品改良のアドバイスを行っています。
高い技術力をもって、ストレッチ包装機の導入からアフターケアにいたるまで、お客様に安心してご利用いただけるようトータルサポートをしています。

日本梱包資材株式会社さんのストレッチ包装機の魅力は、
・用途に合わせた充実のラインナップ
・国内向けモデルを常備し即納可能
です。
それにより、ストレッチ包装機を導入することで、
・業務効率の大幅改善→労働環境が劇的改善
・積荷に優しい調整機構搭載→フィルムの均一化により確実な延伸が可能
・機械性能アップでフィルムコスト削減→省人化によるコスト削減
・誰でも使える簡単操作パネル→大型ターンテーブルで安全・安心稼働
と、メリットがメリットを生んでいる状況です。

さらに、中古包装機の下取りも行ってくれています。
高価買取キャンペーン中だそうです。

ストレッチ包装機に関するより詳しいご説明は、日本梱包資材株式会社さんの公式ホームページよりご覧いただければと思います。